実績紹介3

  • 前へ
  • 次へ

旭・板屋B地区
第一種市街地再開発事業
(2007年秋完成)

本事業は、当初市街地再開発事業として、平成5年に旭・板屋地区約2haの区域で都市計画決定されましたが、2ha一体での事業化の目処が立たず、平成13年にABC地区の3地区に分割して、事業化することを前提に都市計画変更を行いました。

当B地区については、平成14年3月に事業認可を受けましたが、その直後に大企業地権者の転出意向等による大幅な計画見直しを余儀なくされ、B地区内で2敷地2棟へ計画を変更し、事業推進を図ったという経緯があり、平成14年3月の事業認可以降、2度の都市計画変更、3度の事業計画変更認可を経て、現在の計画内容となっています。

B-1棟は住宅と店舗等が計画され、住宅部分(権利者住戸4戸を除く)は、住宅共用である駐車場と共に、参加組合員である大和ハウス工業株式会社が取得しました。

B-2棟は単独所有ビルとして組合員が取得し、東横インへ一括賃貸し、東横インによりビジネスホテルの運営を行っております。

弊社の役割

再開発組合事務局対応を含め、再開発事業のトータル的な役割りを担う。

  • 事業コーディネート業務
  • 事業計画、資金計画、権利変換計画作成業務
ビル名称 B-1棟:D's Tower
B-2棟:東横イン浜松駅北口
所在地 静岡県浜松市板屋町103番地1 104番地1
施行者 旭・板屋B地区第一種市街地再開発組合
用 途 B-1棟:共同住宅・店舗・駐車場
B-2棟:ホテル・駐車場
延床面積 B1棟:43,300m2・B2棟:3,150m2
事業費 10,500百万円
参加組合員 大和ハウス工業株式会社
事業期間 平成13年~平成19年
  • 前へ
  • 次へ
旭・板屋B地区 第一種市街地再開発事業

B-1棟:D's Tower
B-1棟:D's Tower
旭・板屋B地区 第一種市街地再開発事業
B-2棟:東横イン浜松駅北口
B-2棟:東横イン浜松駅北口